上野三碑公開へ

ようこそ旅自慢へ!
 「上野三碑」が、世界記憶遺産候補となって初めての、
一斉公開が昨日開催されました。
 漢字を用いて日本語を表記した石造りの碑が、高崎の
南部に三基点在して居るものです。
 穏やかな一日でしたので、「山上碑」に行って来ました。
  
 説明員も居られて、多くの人が見学に訪れていました。
画像

 山上碑(やまのうえのひ)は、古墳付きの碑として、国内
唯一の貴重なもので、多くの古墳の中にこんな物はありま
せん。上の画像の女性の右側が古墳入口です。
 碑はこんな大きさです。
画像

 道路際入口の万葉集の歌碑です。
“吾が恋は まさかも悲し草枕 多胡の入野の 奥も悲しも”
                       (巻十四3403)
画像

 碑の場所へ上がる石段です。数十段なのですが、十年程
前に来た時の倍の高さに感じました。加齢がこれだと改め
て歳を認識しました。
画像

山上碑の詳細>>こちら



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大連三世
2016年03月08日 20:26
今朝の上毛新聞にも掲載されてましたが
興味を持つ人が多いようですね。
今日は箕郷梅林に行ってきました。
やっくん
2016年03月09日 16:14
☆大連三世さんへ
ありがとうございます。
 記憶遺産候補への推挙で、現地が
どの様に変わって居るのかと思って
行って来ました。
 駐車場の拡張と道路からのアプロ
ーチの整備が進んでいました。
 我が国への漢字文化の浸透具合を
知る上で、大変貴重と思っています。

この記事へのトラックバック