企画展 巨石が来た道

ようこそ「群馬旅自慢」へ!
 昨日、観音塚考古資料館で始まった題記の
企画展に行って来ました。
 観音塚古墳は、奈良県の石舞台遺跡の様に
巨石を使用しており、古墳のままで残る極めて
貴重な遺構です。

 しかも、周囲から100m程高い丘の上に有る
古墳で、かねてから巨石運搬の方法に疑問を
感じて居ました。
 企画展は、これを紐解くもので早速行って来ま
した。 

 観音塚古墳の石室は、終戦直前に防空壕とし
て利用すべく発見されたもので、多くの埋葬物が
出土しました。
資料館は、このための物で、物資に乏しい終戦
時に、これらを保護した近隣住民の暖かい心に
熱い感動を覚えずにいられません。
展示室の様子です。
画像

古墳石室前で行われたオープニングイベント
画像

イベントには、柳家紫文師匠・東京ガールズが
出演、70名の席の倍以上の立ち見もでて、笑
い声に包まれました。
画像

   高崎市の案内ページ⇒こちら
   観音塚古墳のご説明⇒こちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大連三世
2015年10月11日 21:38
近くは通過してるようですが知らない古墳です。
高崎出身の柳家紫文師匠の公演は一度見たことがありますよ。
やっくん
2015年10月12日 20:40
☆大連三世さんへ
 こんばんわ!
いつも、ありがとう御座います。
観音塚古墳、講演会の予定も有るので、
合わせて見学してはどうでしょうか?
紫文師匠ご覧になってましたか?
私は、東京ガールズのファンになりました。

この記事へのトラックバック