上野国分寺回廊は複廊か?

ようこそ!
 今日は、「上野国分寺跡発掘現地説明会」に
行って来ました。
 今回は殊に、回廊の構造に注目を集める発掘
現場の公開でした。

 公開説明の範囲は、南大門および中門・回廊
の接点部で下図の範囲でした。
画像

 まず南大門、画像は八脚門らしい東側の礎石
列です。中央・説明員前・説明員後ろの三個です。
画像

 中門です。回廊接点部の礎石・根石群を見ました。
画像

 回廊の幅を確認する現場です。まだ複廊らしい
との段階で、礎石列などの発掘はこれからの様
でした。
画像

 これまで公開されている、基壇を伴う遺構です。
塔の基壇部から金堂基壇の方向です。
画像

 発掘は更に続けられ、複廊の確認など新たな
発見が有れば、再度見学会を実施するそうです。
 “複廊”は、法隆寺など回廊が二列になっいてる
もので、全国でも稀で関東では初めてになります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大連三世
2013年09月02日 14:51
こんにちは
上野国分寺は規模が大きくて
全国的に見ても珍しいというか,貴重な遺跡なんだそうですね。
まだ見てませんが機会があったら出かけてみます。
先日「東国文化副読本~古代ぐんまを探検しよう~」を
入手して読んでみました。(中学の教科書の副読本)
やっくん
2013年09月04日 20:32
大連三世さんへ
 ご来訪

 小生も…副読本、購入しました。
まだ、ぴらぴらと見ただけで読んで居ません(T_T)

 国分寺、行かれるのでしたら、また発表会が有ると思いますので、その時にしたらどうでしょう。

 自然園、まだ行ったことがなしです。透過処理に羨ましい画像が有りますね! では…また

この記事へのトラックバック