アブトの道遊歩道を歩く

先日の11月2日、信越本線の鉄道遺産で知られている碓井峠へ行って来ました。
「アブトの道遊歩道」と称して旧線路敷を利用した専用歩道が設けられています。

碓井峠は中山道の難所で、明治時代に我が国唯一のアプト式機関車が走った所です。
「アブトの道遊歩道」は、これらの重文遺産を巡る全長約5㎞の自然歩道になっています。
紅葉を当てにしていたのですが、少し早い様です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック